45日目:HO CHI MINH〜おウチに帰るまでが世界一周

2009/4/4

HO CHI MINH

 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:jinseikuruo:20170413112921j:plain

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜お写真のコーナー
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:jinseikuruo:20170413113221j:plainベトナム版ひっぱりハンティング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jinseikuruo:20170413113326j:plain

市場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jinseikuruo:20170413113413j:plain 最後の最後でデジカメをスラれた広場

 

 

 

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜お補足のコーナー

 

 

 

 

 

 

最終日は深夜の飛行機に乗り、4/5の朝に日本に到着したと記憶している

 

 

 

 

 

 

帰国してしまえば日記のことなど頭になかったのだろう。最終日の日記は白紙であった

 

 

 

 

 

 

 

最終日のことを補足すると、昼間は市場を見て回り、日本へのお土産にベトナムコーヒーなどを買ったりした

 

 

 

 

 

 

 

夕方、数時間後には空港へ向けて出発というところで同じ宿に泊まっていた日本人と3人で散歩に出た

 

 

 

 

 

 

 

すると広場を歩いていた時にメニューのようなものを見せながら話しかけてきたベトナム人がいた

 

 

 

 

 

 

最初に自分が話しかけられたが無視しながら歩いていた。次にそいつはNJの方へ回り込み、同じようにメニューを見せながら何かを喋っている

 

 

 

 

 

 

するとNJは何を思ったかそいつに向かって「シャー!!」とか言いながらちょっかいを出し始めた

 

 

 

 

 

 

 

だが、そんなこと気にもとめず歩いているとベトナム人はいなくなった

 

 

 

 

 

 

マーケットの方までぐるっと回って宿まで帰ってきたところでNJが「デジカメがねえ!」と言った

 

 

 

 

 

 

 

マジかよ〜と言いつつ最初はどこかで落としたのだろうと思いながら3人で歩いた道を戻りながら探した

 

 

 

 

 

 

全部見てもない。落としたのだとしてもそのまま残っている可能性は低いと思ったが、その時ピンときた

 

 

 

 

 

 

 

あいつだ、、、広場で話しかけてきたベトナム人。3人の意見が一致した。思い返してみると何かコソコソと立ち回りながら背中の方に手が伸びていたような気もする

 

 

 

 

 

 

このブログの2枚目の写真を見るとNJは市場ではまだバッグを体の前にかけているのがわかる。世界一周中、あらゆることを警戒してずっとこのスタイルだったのだ

 

 

 

 

 

 

 

それが最後の最後、数時間後には帰国の飛行機に乗るというところで気が緩んだ

 

 

 

 

 

 

広場ではバッグを背中にかけていた。チャックを開けて一番手前に入っていたデジカメをスラれたのだろう

 

 

 

 

 

 

 

そのデジカメにはほとんどワタクシの写真が入っていた。適当にお互いの写真を撮っておいて最後にデータを交換しようかと旅の最初に決めていたのだ

 

 

 

 

 

 

幸いなことに全てが消えたわけではない。NJがSDカードを入れ替えたアンマン以前の写真は残った

 

 

 

 

 

 

だが俺は思った。最後の最後にやっちゃってくれましたな、と。

 

 

 

 

 

 

そしてモロッコで飛行機に乗り遅れた時同様、またしても気付いてしまった。そういえばこいつ、、、世界一周後半の俺の写真がほとんど消えたのにもかかわらず一度も謝ってこないな、と

 

 

 

 

 

 

 

試しに、聞かれてもいないのに「まあ写真のために旅してきたわけじゃないしな」となぐさめのお言葉をかけてみた

 

 

 

 

 

 

奴の反応はというと「まあそうやな」と言わんばかりの態度で「うん」とうなずいただけだった

 

 

 

 

 

 

血管2、3本イキかけた

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなでワタクシたちの世界一周は幕を閉じたのだった。