42日目:SIEM REAP〜アンコール WHAT a day!

2009/4/1

SIEM REAP

 

 

 

 

 

 

夜1:30になっても眠れなかった。

 

 

 

 

 

 

 

4:00に目覚ましが鳴ったがシカトして寝ていた。周りのみんなもこのまま起きずにサンライズをバックレられたらいいなと思っていたらNJが5:00に起きやがった

 

 

 

 

 

 

そんで「すぐに出発すればまだ間に合う!!」とかいうポジティブ発言をしてしまい飛び起きて出発するハメに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

佐藤君(同じ宿にいた大学生。休学してアジア放浪中)のモタツキと責任放棄具合と眠さにイラついたが、3人でレンタルチャリに乗りアンコールワットに向け出発

 

 

 

 

 

 

まだ暗い道をアンコールへ向けひたすらこぐ。チケット売り場で顔写真付きチケットをゲットしまた走る

 

 

 

 

 

 

正面側にチャリを止め、中に入る。しかし、雨がパラパラ降っていて曇ったままだった。池の前に座り少し待ってみたが、結局サンライズせず。

 

 

 

 

 

 

アンコールワットは近くで見るとデカイ。彫刻は細かく、デバターの表情はホントにリアル。とにかく凄かった

 

 

 

 

 

 

 

しかし、色々見てきてマヒしてるのか知らんがそこまで感動っていうアレはなかった。規模もそれほど大きくないのでぐるりと一周して9:00頃には見終わった

 

 

 

 

 

 

その後チャリ置き場でかわいい子供たちと戯れて遊んだ。ブレスレットをタダでもらったので昼メシの食パンを全アゲした。ボスらしきボウズが1人で食ってなきゃいいが。

 

 

 

 

 

 

 

続いてバイヨン。遺跡内の移動は結構距離がある。バイヨンはこれまた凄かった。アンコールとはまた違う種類で歴史を重ねた感じがスゴく良かった

 

 

 

 

 

 

そして象のテラスや王宮をざっと見てタリア・カンへ。これも結構デカかった。しかし、疲労でそこまでじっくり見る気にはならず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャリ置き場に戻るとカギがないことに気付く。めんどくさいが2人に待っててもらい遺跡内に1人で探しに戻る。座って休憩した場所を探してもなかったので諦めて戻ろうとした

 

 

 

 

 

 

でもそれじゃさすがにマズイなと思い、歩いた場所をひと通り探していると佐藤が迎えにきた。結局カギは優しいオッサンが斧で破壊してくれたらしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャリ置き場に向かって歩きながら、「どうせすぐ諦めて帰ってくるよ」とNJが言っていたことを告げ口してくれた

 

 

 

 

 

 

アイツもなかなかわかってるじゃねーかと思うと同時に、その予想を裏切ってやったと思うと嬉しかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてタプロームへ。またかなり距離があり、トゥクトゥクや車がプップッ鳴らしながら通るのでいちいちウザかった

 

 

 

 

 

 

タプロームは木が遺跡を侵食している感じが凄い。自然のデカさを感じるがこれまた疲れて刺激はそこまで感じられなかった

 

 

 

 

 

 

そして最後はサンセットの可能性に賭け、プノン・バケンへ。まだ16:30だったが早めに山に登り、サンセットを待つことに

 

 

 

 

 

 

正直1日を通してそこまで晴れたわけではなく時々太陽がのぞく程度。あんまり期待してなかったがギリギリ見れるかなという期待で待つ

 

 

 

 

 

 

18:00頃空がオレンジ色に染まり始め、虹もビミョーに見えたりしていい雰囲気を出していた

 

 

 

 

 

 

しかし、ちょうど地平線の上に雲が横たわり太陽が沈むところは見られないかと思われた。そして太陽が雲の中に沈み隠れてしまった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

係員がきてもう終わりだと言われ、立ち上がり帰ろうとした時、佐藤がスゲッ!と叫んだ

 

 

 

 

 

 

太陽の光が雲で適度に中和され真っ赤になり雲の中を沈んでいく。これには感動した。デジカメを連写し、みとれた

 

 

 

 

 

 

デジカメにはピンク色に写ってしまったけどホントに真っ赤だった。まるで日の丸。なんだか旅の終わりを祝福されているような特別な感覚だった

 

 

 

 

 

 

サンセット完了後、「なんか2人猿岩石みたいっすね」と佐藤が言った。嬉しかった。写真を撮ってもらった

 

 

 

 

 

 

 

宿に戻るとタイで一緒だったリョウさんが到着していた。少し話した後は早めに準備を済ませて寝る体制に入った

 

 

 

 

 

 

 

 

夜中、佐藤がシャワーを浴びている時、リョウさんが電気を消してベッドに戻ってしまった

 

 

 

 

 

 

 

 

1人でテンパる声が部屋に響いていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜お写真のコーナー

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:jinseikuruo:20170410214045j:plain

佐藤と愉快な仲間たち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:jinseikuruo:20170410214219j:plain

遺跡を飲み込む木

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jinseikuruo:20170410214825j:plain

 SUNSET