34日目:AMMAN〜アンマンの夜

2009/3/24

PETRA→→→AMMAN

 

 

 

 

 

 

朝8:40に起きた。ロンドンの若者は何も言わずに去っていた。三田さんもペトラに行ったらしい

 

 

 

 

 

 

準備してパン食ってバス乗り場へ。すぐにアンマン行きのバスが見つかり3JDでスムーズに乗り込めた

 

 

 

 

 

 

バスの中は日光と人の多さで暑かったがアンマンに着くと雨が降ってきてクソ寒かった。この旅1番の寒さだろう

 

 

 

 

 

 

何回かセルビスの交渉でイライラし1人50ptでダウンタウン

 

 

 

 

 

 

セルビスが到着した後は寒い中をしばらく歩き回ってようやくホテルリビエラを発見。マジでクソ寒かった

 

 

 

 

 

 

4JDでダブルの部屋を取りウェルカムティーを飲む。前の宿もそうだったがヨルダンにはウェルカムティーの習慣があるのだろうか??

 

 

 

 

 

 

そして、明日のセルビスを手配し部屋でゆっくり。たまっていた日記を書いたりしている

 

 

 

 

 

 

その後、歩き方に載ってる「イラクめし」に行ったら「イラチ食堂」って書いてあってワロタ

 

 

 

 

 

 

1JDでカバブを包んだやつを食べたが物足りなかった。店員の対応もイマイチだった

 

 

 

 

 

 

そして2件目にエクスプレスに行った。メニューが決まっていて豆とかのスープみたいなやつと飯で1.25JD。プラス1JDでチキンが付く

 

 

 

 

 

 

空腹には勝てず、普通に心折れて全部頼んだ。パンも2枚ナンのようなものを出してもらって超うまかった

 

 

 

 

 

 

店員は2人いて青年1人と15歳の少年だった。15歳のほうはタバコをふかす風格が普通じゃなかった。ヨルダンは10歳からOKとか言ってた

 

 

 

 

 

 

青年の方は濡れた床でツルツル滑りまくって笑わしてくれた。腹がマジでキツくなった

 

 

 

 

 

 

シャワーを浴びて9時には寝た

 

 

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜お写真のコーナー

 

 

 

 

 

 f:id:jinseikuruo:20170402123448j:plain

ホテルリビエラ

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jinseikuruo:20170402123617j:plain

アンマン路地

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jinseikuruo:20170402123717j:plain

エクスプレスの愉快な店員たち