読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

28日目:CAIRO〜アブドゥルの呪い2

2009/3/18

CASABRANKA→→→CAIRO

 

 

 

 

 

朝9:30に起きて10:30の電車に乗った

 

 

 

 

 

 

電車に乗ってすぐにNJが昨日確認した飛行機の時間が間違いだったことに気付く。俺はNJに任せていて確認していなかった

 

 

 

 

 

 

14:30だと思っていたのが12:00だった

 

 

 

 

 

 

これは明らかに間に合わないので、乗り換えの駅でタクシーを拾い、空港へ急いだ

 

 

 

 

 

 

運転手のオッサンの腕はなかなかでオンボロBMWを巧みに操り40分程で送り届けてくれた

 

 

 

 

 

 

カーチェイスさながらの追い越しだった

 

 

 

 

 

 

急いでチェックインに向かうが空港の入口で謎の野郎に荷物を調べられて若干ムカついた

 

 

 

 

 

 

そして、チェックインに行くとclosedと言われた。もう乗れない

 

 

 

 

 

 

その時のショックといったらなかった。飛行機の時間には間に合っているのにチェックインが締切なのだ。ただ呆然と言葉を失った。怒りもこみ上げてきた

 

 

 

 

 

 

とりあえずどけ、と言われてイベリア航空のカウンターに向かった

 

 

 

 

 

 

係の人がやってきて見てもらうと明後日まで席がないと言われ、さらにムカついてきた

 

 

 

 

 

 

また呆然とした後に他の航空会社でカイロに直行する方法を思いついた

 

 

 

 

 

 

聞いてみるとロイヤルエアーモロッコに行けと言われた

 

 

 

 

 

 

すると今日の便があることはわかったが、4650ディラハム必要だった

 

 

 

 

 

 

つまり約50000円が一気にすっとぶ

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、旅を予定通りに進めたいならこの手しかない

(※カイロから先の世界一周航空券は生きているため自力でカイロに辿り着ければその後のフライトには問題なし)

 

 

 

 

 

 

 

NJの迷い具合にも若干イライラしたが500ドル両替してきて購入した

 

 

 

 

 

 

その後は売店で28ディラハムのパンを食べた。そこで俺はあることに気付いた

 

 

 

 

 

 

そういえばコイツ、、、自分が時間を間違えたのに1度も謝ってこないな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、一緒に確認しなかった俺も悪い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「2人の責任だよ。一緒に確認しなかったのが悪かったんだ」と聞かれてもいないのに今回の反省をやっとの思いで絞り出してみた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤツの反応をみてみると「まあそうやな」と言わんばかりの態度で「うん」と言い、パンを食ってやがる

 

 

 

 

 

 

血管2、3本プチ切れた

 

 

 

 

 

 

 

そして、16:30頃飛び立った

本当に予想外の事だらけで疲れたが、とりあえずカイロに着いた

 

 

 

 

 

 

これからは今までより貧乏になったが、たぶんイケると思う

 

 

 

 

 

 

今日は空港で夜を明かす

 

 

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜お写真のコーナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jinseikuruo:20170327153517j:plain

のんきに電車に乗る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jinseikuruo:20170327154120j:plain

モロッコ人は余裕で線路に侵入

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jinseikuruo:20170327153920j:plain

カイロ到着