読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10日目:RAPA NUI〜イースター天国すぎワロタ

2009/2/27

SANTIAGO→→→RAPA NUI

 

 

 

 

 

 

深夜、あまりの腹の気持ち悪さで眠れず、ここまできてマジで無理だと気付く

 

 

 

 

 

 

本当に今日のイースター島行きキャンセルが頭をよぎった

 

 

 

 

 

 

とりあえず日本語の通じる病院がないかと「地球の歩き方」を開く

 

 

 

 

 

 

NJを起こし、フロントに行きタクシーに乗せてもらう

 

 

 

 

 

 

メーターの表示が壊れていて、700ペソを深夜料金と間違えて7000ペソ払ってしまいぼったくられたがそれどころではない

 

 

 

 

 

 

病院はホテルのすぐ近くだった

中に入ると、待合室のテレビを大量の市民が集まって見ていた

 

 

 

 

 

 

受付ではパスポートのチェックやら手続きがウザい上に職員のオッサンたちがのんびりしていてさらにウザかった

 

 

 

 

 

 

救急なのにこの国は手続きの方が大事なのかと感じた

 

 

 

 

 

 

ちょっと待たされて病室に入った

 

 

 

 

 

 

看護士はヘラヘラしてるし、言葉は通じないし、かなり不安になってきた

 

 

 

 

 

 

さらにちょっと待たされ、その間NJが病状の説明をしてくれた

 

 

 

 

 

 

ところが奴の説明は「ブレッド食ってウォーター飲んだ」みたいなことを伝えていた

 

 

 

 

 

 

その説明だと生水は飲んでないのに水で腹にあたったと思われるやん、と薄れゆく意識の中で余計にイライラした

 

 

 

 

 

 

そして英語の話せる若い女医さんが現れて触診されて痛かった

研修医じゃないだろうなと余計に不安になった

 

 

 

 

 

 

NJは今度はちゃんとデジカメでエンパナーダの写真を見せながら説明してくれたので伝わったと思われる

 

 

 

 

 

 

そして、注射を打ってもらい薬をもらって帰った

この時深夜の2:30頃だったかと思う

 

 

 

 

 

 

少し休んだら良くなり、そのまま4:00頃には起きて空港へ出発した

 

 

 

 

 

 

サンティアゴからイースター島までの飛行時間は約4時間

 

 

 

 

 

 

 

飛行機の機内ではメシが2回でた

普通に食えて奇跡の復活を遂げた

 

 

 

 

 

 

イースター島に到着

パッと見、何もなさそうな島に思えた

 

 

 

 

 

 

空港でNJと2人で地球の歩き方を見ていると同じ飛行機で島に来た日本人の男性に話しかけられた

その人はタカさんといい、夫婦で世界一周中だった

 

 

 

 

 

 

歩き方に載っている「ミヒノアキャンプ」に一緒に行かないかと誘ってくれた

 

 

 

 

 

 

何も決めていなかったし、たまには流されてみるのもいいかってことでその話にのった

 

 

 

 

 

 

一緒に行く日本人は、タカさん夫婦と1人旅のヒロさんだった

 

 

 

 

 

 

トラックでキャンプに向かい、すぐに到着した

そこには先に泊まっていた日本人が多くて不安になった

 

 

 

 

 

 

こんなに日本人ばかりだと色々めんどくさそうだと感じた

 

 

 

 

 

 

荷物を置いてテントを張った

テントなんかほとんど張ったことなかったが、意外と簡単にできた

 

 

 

 

 

 

 

先住民のオサーンに修正された

 

 

 

 

 

 

その後は、今日中に近場を見に行こうということで町のマーケットや郵便局を歩きつつ、最寄りのモアイまで足をのばした

 

 

 

 

 

 

初めて見るモアイ

本物の歴史を感じた

 

 

 

 

 

 

あとは、歩いていて町の雰囲気が伝わってきてワクワクした

 

 

 

 

 

 

しかし、まだ慣れない日本人同士での活動には気まずさを感じていた

 

 

 

 

 

 

マーケットで軽い買い物を済ませキャンプに戻った

 

 

 

 

 

 

キャンプは目の前に海が開けたポイントにある

海がとてもキレイでイースター島はモアイだけじゃないということを知った

少し楽しみになってきた

 

 

 

 

 

 

 

夕飯はどうしようか正直迷っていたが、日本料理屋甲太郎のチラシを発見してみんなで食べに行くことになった

 

 

 

 

 

 

イースターは夜9:00頃まで日が沈まず、まだ外は明るい

甲太郎の主人は外国人だった

意外だった

 

 

 

 

 

 

みんな海鮮丼を頼み、待っている間にイッテQやnakata.netのビデオを見せてもらった

 

 

 

 

 

 

その中に中田英寿宮川大輔が甲太郎に来店した映像が出てきてすごい店なんだなと思った

 

 

 

 

 

 

海鮮丼も久しぶりの米ってことでかなりウマかった

 

 

 

 

 

 

夜は星空にビックリした

 

 

 

 

 

 

南半球なので、日本では見られない星が広がっていた

 

 

 

 

 

 

キャンプの先客だった日本人のヨッシーが「あれは南十字星でね、あれは天の川だよ!」とキラキラの少年かのごとく説明してくれて非常にわかりやすかった

 

 

 

 

 

 

本当にすごい場所に来たなと思った

今朝、死にかけていたとは思えない

 

 

 

 

 

 

夕日もキレイだったし、イースターの人たちは生まれた時からこれを見てるのかと思うと、すごくイイネ!と感じた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてシャワーを浴びずにベタベタの体のまま寝た

 

 

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jinseikuruo:20170309103903j:plain

ミヒノアキャンプよりサンセットをのぞむ

(※午後9:00)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jinseikuruo:20170309104224j:plain

居酒屋甲太郎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jinseikuruo:20170309104706j:plain

イースターブラタモリ