5日目:MACHUPPICHU〜マチュピチュ平和すぎワロタ

2009/2/22   

CUSCO  →→→  MACHUPPICHU

 

 

 

 

 

 

朝起きても頭痛は治ってなかったが、もう慣れた。

 

 

 

 

 

 

タクシーで半田さんとの待ち合わせ場所に行くと、しばらく待ってもヤツは現れなかった。

 

テキトーすぎるやろ・・・

 

 

 

 

 

 

 

タクシー乗り場にいた女の子の紹介で違うオッサンが10ソルで乗せてくれることになった。

 

 

  

 

 

 

列車が出るオリャンタイタンボまでの道のりはまさにアンデス山脈

 

壮大な景色に感動

 

 

 

 

 

 

 

オリャンタイタンボの駅では1粒1粒がやたらと巨大なトウモロコシを食った

 

 

 

 

 

 

そして休暇を取ってニューヨークから来たというオッサンと仲良くなった

 

駅の周りの山もキレイで気分は最高だった

 

 

 

 

 

 

列車の中からの景色も凄かった

 

濁流や高くそびえる山、初めて見るものばかりでマチュピチュへの期待感が高まるシチュエーションだった

 

 

 

 

 

 

 

マチュピチュのふもとの村、アグアスカリエンテスは到着してすぐにいい雰囲気だとわかった

 

 

 

 

 

 

駅の両側にみやげ物屋やホテルが立ち並び、村全体が山に囲まれている

 

すばらしいと思った

 

 

 

 

 

 

 

地方特有のお祭りで水風船を当てたり、水をかけたりする遊びが子供達によって行われていた

 

 

 

 

 

 

観光客にもかけたりしていたので最初はビビった

 

 

 

 

 

 

ガイドに載っているホテルにチェックインした

 

いい部屋だった

 

本当に雰囲気や立地が最高だった

 

 

 

 

 

 

 

雨が降っていたけど今日のうちにマチュピチュに行ってしまおうということで、バスの券を買って乗った

 

 

 

 

 

 

マチュピチュまでの20分ほどの山道は、まるでディズニーのアトラクションだった

 

 

 

 

 

 

どんどん登っていくにつれて期待も高まり、マチュピチュがチラ見できた時は本当に興奮した

 

 

 

 

 

 

そして、いざマチュピチュ

 

 

 

 

 

 

 

 

国際学生証で半額になったけどちょっと高かった

 

 

 

 

 

 

駅で一緒になったニューヨーカーのオサーンは何かを感じてた

 

 

 

 

 

 

最初に全景を見ようということで上に登り、見た

 

 

 

 

 

 

 

ガイドブックで見るのと同じ光景が広がっていた

 

 

 

 

 

 

 

正直言ってしまえば、こんなもんかという気持ちもあったが

周りの断崖絶壁や高さを実感するとすごい所にあるんだなと思った

 

 

 

 

 

 

 

幻想的で、静かで、なんと言っていいかわからないけどすごかった

 

 

 

 

 

 

石の組み方、ち密さ、複雑さ、リャマ(アルパカ?)、実際に歩いているんだなという色々な感動

 

すごかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふもとの村に帰ってからは、広場の前にある店の2階で食事をとった

 

 

 

 

 

 

20ソルのスペシャルプライスでアルパカを食わせてもらったが、

 

結局TAXのために両替するハメになってしまった

 

 

 

 

 

 

 

でも、オバちゃんはいい人だったし、久しぶりにゆっくりできる夜を過ごせて本当にいい夜だった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャワーは冷たかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:jinseikuruo:20170304141102j:plain

オリャンタイタンボ駅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jinseikuruo:20170304141625j:plain

アグアスカリエンテス(マチュピチュ村)到着

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jinseikuruo:20170304141801j:plain

何かを感じるニューヨーカー