4日目:CUSCO〜高山病の洗礼

2009/2/21  →→→CUSCO

 

 

当初20時間の予定だったのが、結局24時間かかって昼前頃クスコに到着した。

 

 

 

 

 

 

最後の方は山道で、揺れと寒さと高山病なのか頭痛と、とにかく肉体的な疲労でつらかった

 

 

 

 

 

 

乗客の子供は吐いたりしていた

 

 

 

 

 

 

しかし、目の前に飛び込んできたクスコの景色は圧巻だった

 

 

 

 

 

 

 

山に囲まれた中にオレンジ色の屋根が密集していて、なんとも言えないものを見た

 

 

 

 

 

 

 

バスでの移動はきつかったけど、飛行機で来ていたら見れないものを見れている気がした

 

 

 

 

 

 

到着後は、バスの中で仲良くなったクスコの警察官にホテルを紹介してもらった

 

 

 

 

 

 

 

ホテルはバックパッカーが使うボロ宿だった

 

 

 

 

 

 

 

チェックイン後、その警官は明日のマチュピチュ行列車の予約をしに、駅まで連れていってやると俺たちを連れ出した

 

 

 

 

 

 

 

しかし、この時すでに頭痛がひどくて正直やめてほしかった

 

 

 

 

 

 

駅で待たされた挙句、相手に英語が通じず予約にも苦労した

 

 

 

 

 

 

予約完了後は、とりあえずタクシーで宿に戻ってきた

 

 

 

 

 

 

結局、クスコから直通の列車は空きがないのか取れず、オリャンタイタンボ(結構遠い)という所から乗ることになった

 

 

 

 

 

 

またしても警官は明日バイクで乗せていってやると言ってくれたのだが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ以上ついてこられても迷惑なので、ガイドブックに載っている「ご心配なく」のフレーズを指でさして帰ってもらった

 

 

 

 

 

 

彼はタクシー代をしっかり徴収して帰っていった

 

 

 

 

 

 

すごくいい人だったし親切にしてくれたけど、興味があるからといってずっと一緒にいられても困る

 

あれは仕方のないことだった

 

 

 

 

 

 

その後、2〜3時間寝たが頭痛はおさまらない

 

 

 

 

 

 

しかし、両替、オリャンタイタンボまでのバスの手配、夕食とやることが多かったので

PM4:00頃だったが活動を開始した

 

 

 

 

 

 

街に出て、道に迷い、車のクラクションのうるささと排気で頭が痛くなる一方だったが、ようやく両替を済ませ徐々に落ち着いてきた

 

 

 

 

 

 

 

バスのことを思い切って街の警備の人に聞くと、タクシー乗り場まで乗せていってくれた

 

 

 

 

 

 

そこにはタクシーの他にバス乗場もあり、どれにするのが一番いいか照らし合わせつつ、とにかく頭痛のイライラで強気に交渉していた

 

 

 

 

 

 

すると、そこに「半田さん」と名乗るカタコトの日本語を喋る日本人だかペルー人だかわからない人が現れて、

「アシタノ9:00、10ソルでノセテッテヤルヨ〜」と言った

 

 

 

 

 

 

 

そこで予約することにした。サインまでして一緒に写真も撮った

 

 

 

 

 

 

タクシーの手配が完了して安心し、しばらく食ってなかったメシを食うことにした

 

 

 

 

 

 

広場の前のインカ・グリルという結構リッチな店でイモのメシみたいなリッチなものを食った

 

 

 

 

 

 

とにかく頭痛は残ったままだったが、帰って早めに寝た

 

 

 

 

 

 

 

 

NJはシャワーで2回ほど感電してた

 

 

 

マジでウケた

 

 

 

 

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jinseikuruo:20170303102349j:plain 

クスコの風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jinseikuruo:20170303102538j:plain

石畳の道路と喧騒の街

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jinseikuruo:20170303102813j:plain

クスコの夜