3日目:LIMA〜モリーナでアモーレ

2009/2/20   LIMA→→→

 

新たな都市に降り立つたびに苦労するのが、移動手段の確保。

 

 

 

 

 

 

LAで慣れた気になっていたが、ここはまた別だった。

 

 

 

 

 

 

タクシーの勧誘が最初に言ってきた値段は高いし、ナメられまいとNJと2人で初めての交渉にのぞんだ

 

 

 

 

 

 

結局、朝になったらバスもあるかもしれないということで、

 

ブログで見た先駆者にならってLIMA空港のスタバで夜を明かした。

 

 

 

 

 

 

夜が明け、タクシーで40ソルの値段を交渉で勝ち取り、クスコへの長距離バス会社まで乗せてもらった

 

 

 

 

 

 

タクシーの移動はメチャクチャだった

 

 

 

 

 

 

 

追い越しがハンパねぇ・・・

 

 

40ソルに運転手がキレてるのかと思った

 

 

 

 

 

 

いくつかバス会社をまわったが、ガイドブックが古く、バスの情報が変わってた

 

 

 

 

 

 

結局3社目のモリーナ・ユニオン社で希望のバスを見つけることができた

 

 

 

 

 

 

ここの受付のお姉さんがファラオ系美女でベタ惚れだった

 

 

 

一緒に写真も撮れたし、満足した

 

 

 

 

 

 

2階のレストランでバックパッカー的メシを初めて食べた

 

 

 

 

 

 

食堂といえるのかわからないような所だったが、チャーハン食ったらウマかった

 

 

 

 

 

 

黒飴を溶かしたみたいなインカコーヒー的なやつは薄くてビミョーだった

 

 

 

 

 

 

そして、その食堂から目の前に広がるスラム街の丘みたいなやつをスケッチした。

 

 

 

 

 

 

あれは衝撃だった

 

 

人の目も気になったが、とにかくスケッチした

 

 

 

 

 

 

そして、待ち時間には掃除の少年やイレズミのオッサンと仲良くなって出発した

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バス車内はかなり狭い

 

 

 

 

 

 

 

リマの街中を抜けひたすら走る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

砂漠のような景色やちょっとした集落の風景が次々に移り変わる

 

 

 

 

 

 

 

 

途中の昼食は、何もない所に立つボロ屋の食堂で取ることになった

 

 

 

 

 

 

しかし、スープのようなまずそうな食べ物が出てきたのを見て、何も食べなかった

 

 

 

 

 

 

車内ではNJのサンウッチェ(サンドウィッチ)ギャグがなぜか乗客にどハマりし、かなり盛り上がった

 

 

 

 

 

 

わりといい雰囲気だったが、俺は意外と景色ばかり見ていた

 

 

 

 

 

 

 

寝て、気付いたら夜だった

 

 

 

 

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 f:id:jinseikuruo:20170302153803j:plain

世界一周で唯一のスケッチ

(世界中でスケッチしまくるはずが、めんどくさくなり、この一枚で終了)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jinseikuruo:20170302154059j:plain

デジカメ便利やな〜

(モリーナユニオン社から見たスラム?の丘)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jinseikuruo:20170302154653j:plain

バス車内より