はじめに

今から8年前、21歳の時に俺は友人と2人で世界一周を成し遂げた。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺はブラック企業に勤めている

(月給16万円・残業代なし・社会保険なし・ボーナスなし・土曜手当はお昼のうどん)

 

しかも実家から1時間かけて通勤している。

 

 

 

 

 

 

 

なぜそうなってしまったか?

 

 

 

 

 

 

 

簡単に書くと次のようになる。

 

①世界一周する

②普通の人生を考えられなくなる

③就活をしないまま卒業しちゃう

④かといって何をすればいいのかわからない

⑤とりあえずバイト始めちゃう

⑥もはや世界一周した頃のエネルギーはない

⑦長い人生を考えてこのままじゃヤバイと気付く

⑧結局、就活し始めるが時すでに遅し

⑨普通以下の会社に入り、普通以下の人生をおくることになり早4年

⑩人生狂う

 

 

こんな具合だ。

 

 

 

 

 

 

 

ところで、おまいら、、、、今これを読んで

 

 

 

 

 

 

 

「ざまあwwwwwwwww」

 

 

 

 

 

 

 

なんて思ったりしてないよな?

 

 

 

 

 

 

 

まあいいんだ。そういう道を俺は進んで来てしまったんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題は一緒に旅をした友人NJだ。

 

 

 

 

 

 

 

NJは某大手自動車メーカーに就職した。

 

 

 

 

 

 

 

お互い、束の間の世界一周の夢から覚めて社会のレールに乗ることを選んだんだ、、、

 

 

 

 

 

 

 

実はNJとは世界一周後、2回メシを食いに行って以来7年ほど会っていない

 

 

 

 

 

 

 

お互い忙しくなり、住む場所も違い、自然と連絡も取らなくなっていった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが最近、このクソッタレた、しみったれた人生を憂いながら世界一周のことを思い出していたんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、もはや連絡先すらも消え去っていたNJの名前をネットで検索してみた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

驚いたことにNJは、、、

 

爆絶成功していた笑

 

 

 

 

 

 

 

自動車メーカーはとっくに辞めて独立しており、

世界を飛び回る生活をこれでもかとブログ、インスタに披露している

 

 

 

 

 

 

 

ブログの名は確か「ベスト・パリピ・ライフ」

 

奴は立派なパーリーピーポーに変身していた

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤツのブログによれば学生時代の世界一周が人生を変えるキッカケとなったらしい、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワロタ

 

 

 

 

 

 

 

 

俺はてっきりヤツも俺と同じで普通の社会人としての生活を選んだのだと思っていたし、まさにそういう考え方のヤツだったはずだ

 

 

 

 

 

 

 

 

だが違った。

俺にとって世界一周はゴールだったがヤツにとってはスタートだったんだ

 

 

 

 

 

 

俺が死にそうになりながら働いている間にNJは全く別の人生を歩んでいたんだ

 

 

 

 

 

 

2人の違いはなんだったか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NJは狂ったことにより自分の人生を得た。

 

 

 

 

 

 

 

 

俺は狂いきれなかったことにより人生が狂った。

 

 

 

 

 

ということだと俺は見ている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺にできることはせいぜい楽しかった世界一周をなつかしむことくらいだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実家の本棚に世界一周の時に毎日書いていた日記がしまってある

 

 

 

 

 

 

 

当時の思いが拙い言葉で綴られている

 

 

 

 

 

 

 

 

この日記を毎日このブログに書き起こしていこうと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界一周を考えている人

 

「ざまあwwwwwwwwwwwww」と思いながら読んでいる人

 

の参考になれば嬉しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

狂うか狂わないかはおまいら次第だぜ

 

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:jinseikuruo:20170228104301j:plain

 

 

 f:id:jinseikuruo:20170228104353j:plain